トヨタ、生活支援ロボットの開発コミュニティを発足…研究機関を支援

テクノロジー レスポンス

トヨタ自動車は7月16日、障がい者や高齢者などの自立生活をアシストする生活支援ロボット(HSR)の実用化に向けて研究機関等と技術開発を推進する「HSR開発コミュニティ」を発足すると発表した。

HSRは、円筒型の小型・軽量ボディに格納できるアームを備えることで、「床の上の物を拾う」「棚から物を取ってくる」などの仕事ができるロボット。2012年の発表以降、障がい者や介護福祉関係者等の評価を踏まえて改良を重ねてきた。

HSR開発コミュニティの加盟機関は、トヨタが貸与するHSRを使って、障がい者や高齢者などの生活支援を想定したロボットの技術開発を推進。ソフトウェアやノウハウなど研究開発の成果をコミュニティで共有し、加盟機関が利用できるようにすることで、技術開発の加速を図っていく。また、トヨタは、研究開発の成果を検証する実証実験の協力先を紹介するなど、加盟機関による実証実験の推進も支援していく予定だ。

HSR開発コミュニティは、これまでHSRの共同研究を実施してきた研究機関の数機関とともに、9月を目途に活動を開始する予定。さらに、10機関程度を公募し、2016年4月以降、規模を拡大する計画だ。なお、7月16日より、第1回「HSR開発コミュニティ公募」を開始する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ自動車が開発した生活支援ロボット(HSR)
  • トヨタ自動車が開発した生活支援ロボット(HSR)
  • トヨタ自動車が開発した生活支援ロボット(HSR)
  • トヨタ自動車が開発した生活支援ロボット(HSR)
  • トヨタ自動車が開発した生活支援ロボット(HSR)
  • トヨタ自動車が開発した生活支援ロボット(HSR)
  • トヨタ自動車が開発した生活支援ロボット(HSR)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ