川崎重工、世界最大級の18MWディーゼル発電設備を納入…沖縄電力向け

業界 レスポンス

川崎重工業は、沖縄電力に世界最大級の単機出力18MWディーゼル発電設備を引き渡したと発表した。

今回納入した発電設備は、石垣第二発電所6号機の増設工事として2013年6月に受注したもので、2011年8月に納入した石垣第二発電所5号機ディーゼル発電設備と同じ、4サイクル中速ディーゼル機関を動力源とする。

主機関は川崎-MAN18V48/60B型4サイクルディーゼル機関V型18気筒過給機付きで、発電端出力が18000kW/60Hz。燃料はC重油。

川崎重工は、発電設備の設計、機関・発電機・配電開閉装置・制御装置の供給、据付、建屋と土木建築工事からなる発電所建設工事一式をフルターンキー方式で受注、今回引き渡しを完了した。

石垣島では、リゾート産業の発展とともに、電力需要が堅調に伸びており、沖縄電力は電力需要の増加に対応するため、電源設備を増強している。既に川崎重工が納入した大型ディーゼル発電設備4基のほか、ガスタービン発電設備2基が主力機として運転している。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ