日本精機、アウディからヘッドアップディスプレイを受注

業界 レスポンス

日本精機は、オランダにある連結子会社で、欧州で四輪、二輪車用計器の販売を手掛けるニッポンセイキ・ヨーロッパがアウディにヘッドアップディスプレイの納入を開始したと発表した。

日本精機グループは、アウディと自動車用メーターで1990年頃から取引実績を持つが、ヘッドアップディスプレイでは今回が初めて。

今回、納入開始したヘッドアップディスプレイは、スロバキアのフォルクスワーゲン工場で生産されるアウディの大型SUV『Q7』に搭載される。今後、アウディの他車種へも順次搭載される予定。

ヘッドアップディスプレイは、ドライバーが前方視線のまま、フロントガラスに映し出された車速や警告、ナビゲーション表示など、さまざまな情報を確実に確認できるシステムで、安心と安全運転をサポートするシステムとして急速に普及している。

アウディQ7に搭載されるヘッドアップディスプレイは、車両のフロントガラスに投影するウィンドシールドタイプのヘッドアップディスプレイで、TFT液晶を搭載、表示色はフルカラーで運転者の視点から約2〜3メートルの距離に表示される。光源には高輝度LEDを採用しており、表示画像が見えにくくなる太陽光の下でも鮮明な画像で表示される。

日本精機では、生産拠点についても能力拡大を進めており、2013年から国内では広島、海外では北米で現地生産している。今後、新潟、広島、北米の3拠点で生産能力の拡大や、他地域での生産についても検討する。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ