【ホンダ 歩行アシスト 発表】階段で実感する制御の“優しさ”、ASIMOのDNA注ぎ込む

業界 レスポンス

「階段の昇り降りで、その繊細な制御がわかると思う」…ホンダが都内で7月21日に開催した「Honda歩行アシスト」体験会で、開発陣はこうアドバイスしてくれた。その制御の“優しさ”は、身に付けて歩き始めたとたんに感じた。

腰に本体を付け、そこからのびるアームの先のベルトを太ももに巻きつける。「歩いてみて」とうながされるままに、1歩、2歩、3歩とすすむと、5歩目あたりから太ももを強制的に前へ振り出すような力が加わる。

「最初からアシストするわけではなく、CPUでユーザーの歩くスタイルやクセをつかんでから、徐々にアシストのパワーを加えていく」(開発担当者)。

この場面で、2つの「学習」がある。アシストする本体側のユーザー挙動をCPUがとらえ、さらに、歩行が困難なユーザーなどの側も「歩く」という動作をふたたび感じとる。

Honda歩行アシストとともに歩き、3分が絶ったころ「では、階段へ」ということで、途中に踊り場がある階段を昇り降りする。昇りは、フラットなフロアに比べてパワーが増大し、下りは優しくなる。途中のフラットな踊り場では、昇り降りとは違うアシストのパワーが感じられた。

「アームの角度などで、ユーザーがいまどんな現場を歩いているかを瞬時に計算し、アシストの具合を変化させている」(ホンダ担当者)。

ASIMOのDNAが注ぎ込まれたこのHonda歩行アシスト。担当者は「これでも、実際に歩行している脚の力に対して、歩行アシストはその8%ぐらいしか補助していない。さまざまな歩行シチュエーションにリズムを与えるという感じ」とも伝えていた。

  • 大野雅人
  • 東京で開催された「Honda歩行アシスト」発表会・体験会(7月21日)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 東京で開催された「Honda歩行アシスト」発表会・体験会(7月21日)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 東京で開催された「Honda歩行アシスト」発表会・体験会(7月21日)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 左から京都大学・大畑光司博士、ホンダ歩行アシスト推進ブロック開発責任者・伊藤寿弘氏(「Honda歩行アシスト」発表会・体験会、7月21日、東京)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 東京で開催された「Honda歩行アシスト」発表会・体験会(7月21日)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 東京で開催された「Honda歩行アシスト」発表会・体験会(7月21日)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ