【ホンダ 歩行アシスト 発表】事業採算を確保できるリース価格

業界 レスポンス

ホンダは7月21日、歩行のリハビリを支援する歩行訓練機器「Honda 歩行アシスト」を発表した。11月から国内の病院やリハビリ施設などにリース販売する。1999年の研究着手から17年目の実用化となった。

リース期間は「技術の進化をちく時反映させたい」(開発責任者の伊藤寿弘・歩行アシスト推進ブロック主任技師)という狙いもあって3年間と、比較的短く設定している。月間のリース料金は4万5000円で、年1回の保守点検と2名までの機器操作の講習費用も含んでいる。病院などはこの機器を使ったリハビリメニューを提供し、歩行障害からの回復に役立てる。

初年度のリース計画は450台。汎用パワープロダクツ事業本部の鶴薗圭介事業管理室長によると、この価格と販売計画で「事業としての採算はとれるようにしている」という。生産はMPUの共同開発先であるNECに委託している。

当面は、リハビリを行う理学療法士のいる医療施設や介護施設などへの販売に限定するが、将来は一般向けの市販も検討していく。このため、こうしたリハビリ機器の存在を「今後1年以内で多くの方に認知いただくような活動にも注力していく」(伊藤氏)方針だ。

  • 池原照雄
  • ホンダ汎用パワープロダクト事業本部の開発責任者である伊藤寿弘氏《撮影 池原照雄》
  • Honda歩行アシスト
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ