トヨタの欧州ハイブリッド車販売、12%増の10万台超え…1‐6月

エコカー レスポンス

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは7月14日、2015年上半期(1‐6月)の欧州市場におけるハイブリッド車(レクサスを含む)の販売結果を公表した。総販売台数は、10万1000台。前年同期比は12%増と、2桁の伸びだった。

ブランド別では、トヨタが8万0500台。レクサスは2万0500台で、前年同期比は40%増と大きく伸びる。

トヨタブランドでは、日本仕様には用意されない『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)のハイブリッドが、3万6402台で最多。前年同期比は21%の伸びを見せた。

これに続いたのは、『オーリス・ハイブリッド』で1万9332台。さらに、『オーリス・ハイブリッド・ツーリングスポーツ』が、1万5856台。同車は『オーリス』のワゴン、『オーリス・ツーリングスポーツ』のハイブリッド版。『プリウス』シリーズは8884台を売り上げる。

レクサスブランドのハイブリッドでは、新型SUVの『NX』の「NX300h」が、7725台で最多。『CT200h』が5107台。『IS』のハイブリッド、「IS300h」が4708台で、続いている。

  • 森脇稔
  • レクサスNX(欧州仕様)
  • 新型 オーリス ハイブリッド
  • 新型レクサス IS のハイブリッド、IS 300h(欧州仕様)
  • トヨタ オーリス ツーリング スポーツ
  • レクサス CT200hの大幅改良モデル
  • トヨタ・プリウス(欧州仕様)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ