ボルグワーナー、ZF社にAT部品納入…8速および9速用

業界 レスポンス

米国の大手自動車部品メーカー、ボルグワーナーは7月16日、ZF社に8速および9速AT用の部品を納入すると発表した。

ボルグワーナーは、自動車用ターボチャージャー製造の大手として知られる存在。また、排出ガスをクリーンにする技術でも世界をリードしている。

ボルグワーナーがZF社に納入する8速および9速AT用の部品は、湿式フリクションプレートと呼ばれるもの。シフトフィールを向上させ、燃費性能を高める効果を備える。

この湿式フリクションプレートは、ボルグワーナーの米国イリノイ工場で生産。米国サウスカロライナとメキシコのZF社の工場に供給される。

ボルグワーナー・トランスミッション・システムズのロビン・ケンドリック社長は、「ボルグワーナーは湿式フリクション技術の分野において、60年に及ぶ経験を持つ」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ