海外旅行保険加入者の28人に1人が事故、保険金支払い最高額は9335万円…2014年度

業界 レスポンス

ジェイアイ傷害火災保険は、2014年度の海外旅行保険契約者の事故発生状況をまとめた。

調査は、事故データを開示することで海外旅行保険の認知を高め、安心して海外旅行に出かけられるよう毎年実施しているもので、1996年の調査開始以来、今回が20回目となる。

2014年度の事故発生率は、3.53%で、28人に1人となった。

補償項目別の事故件数は、ケガや疾病の治療費用や医療搬送費用等を補償する「治療・救援費用」が全体の45.9%で最も多かった。次いで手荷物を補償する「携行品損害」で34.9%、偶然な事故を補償する「旅行事故緊急費用」が16.5%と続く。ヨーロッパやアフリカでは「携行品損害」、アジアやオセアニアでは「治療・救援費用」の割合が高いなど、地域により事故の状況が大きく異なる。

「治療・救援費用」の保険金支払いが300万円を超えた高額医療事故は、世界各地で発生しているが、特に欧米で増えており、円安などの傾向から件数が増加している。同社では過去最高となる9335万円の事故が発生したとしている。

高額医療事故のうち、シニア層(65歳以上)が5割超を占めている。肺炎などの呼吸器疾患、脳疾患、心疾患、転倒による骨折などが主因となっている。

  • 編集部
  • 補償項目別事故状況(保険金支払件数ベース)出典:ジェイアイ傷害火災保険
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ