【VW パサート 新型発表】“憧れのクルマ”にはプロポーションが重要

新車 レスポンス

8代目となったVW『パサート』は、“憧れのクルマ”になるために、完璧なプロポーションを追求したという。

「パサートはこれまで、その完成度や機能性、そして技術レベルの高さで知られているが、8代目はその特徴に加え、より憧れの対象、憧れのクルマになるよう、完璧なプロポーションを作り出した」とは、フォルクスワーゲンAGエクステリアデザインのダニエル・シャルフシュヴェアトさんの弁。

ダニエルさんがいう完璧なプロポーションは、「前の世代に比べてホイールがより長くなり、トレッドがより広く、そして前輪を思い切って前に動かしたことによって可能になった」と話す。更に全長は殆ど変えずに、長いホイールベースと、フロントウインドウ位置が先代より後退した結果、「フロントオーバーハングが短くなり、長く水平が強調されたボンネットが生まれた」とダニエルさん。

また、このキャビンを後退させた構造によって、典型的なセダンプロポーションが実現した。ダニエルさんは、「フロントオーバーハングが短くなったにもかかわらず、全長がより長くワンランク上のクルマに見えるようになった。そして、全高が低くなったにもかかわらずヘッドルームが増えたこと。より軽くなったにもかかわらず、より頑丈で力強く見えていることだ」と完成度をアピールする。

さて、パサートにはボディタイプがセダンとヴァリアントがあるが、どのようにデザイン上の共通性を持たせたのか。ダニエルさんは、「セダンはこれまで存在感が少し弱かったので、そこから一歩脱却をして、プロポーションを見直した結果、とても格好良くなった」とまずセダンについて述べたうえで、「リアセクション(の形状)が大きく違うものの、同じパサートファミリーであると一目でわかるようなデザインにするべく、共通の特徴として、(リアの)エンブレムを中心にしたクリーンな面を作った」と述べる。そして、「これは決して簡単なことではなかった」と語る。

その理由は、当然のことながら構成が全く違うからだ。しかし、「このクリーンな面があるからこそ、同じクルマのボディ違いだとわかってもらえるだろう」と語った。

  • 内田俊一
  • VW パサート《撮影 内田俊一》
  • VW パサート《撮影 内田俊一》
  • VW パサート《撮影 内田俊一》
  • VW パサート《撮影 内田俊一》
  • VW パサート《撮影 内田俊一》
  • VW パサート《撮影 内田俊一》
  • フォルクスワーゲンAGエクステリアデザインのダニエル・シャルフシュヴェアトさん《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ