OKI、車載電子機器のレーダーパルス試験を開始…航空監視レーダーによる誤動作チェック

テクノロジー レスポンス

OKIエンジニアリング(OEG)は、レーダーパルス擬似発生装置を導入し、車載電子機器向け「レーダーパルス試験(600V/m)」を開始した。

近年、自動車の安全運転支援システムをはじめ、さまざまな重要部分に車載電子機器が採用されている。しかし、車載電子機器は航空監視レーダーなどによる、電磁環境の変化により、誤動作を起こす危険性もある。

今回OEGは、1.2GHz〜1.4GHzと2.4GHz〜3.1GHz帯の周波数を利用する航空監視レーダーを模擬した「レーダーパルス試験」を提供。試験では、電界強度600V/mのレーダーパルスを照射し、航空監視レーダーによる車載電子機器の誤動作や耐力を評価する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ