【VW パサート 新型発表】数少ない、“道具的な”ステーションワゴン

新車 レスポンス

フルモデルチェンジしたVW『パサートヴァリアント』は数少ない、コンベンショナルなステーションワゴンである。

そのユーザーについて、フォルクスワーゲングループジャパンマーケティング本部プロダクト・マーケティング課プロダクトマネージャーの越知竜士さんは、「セダンはある程度年齢の高い方。ヴァリアントはもう少し年齢が若く、アクティブなパパというイメージ」だと説明する。

そして、どちらにも共通する重視点として、“バリュー”を挙げる。「すごくいいものを正当な値段で購入することを大事に思っている」と述べ、新型パサートに例えれば、「ハイラインは先代よりも実質安くかつ、安全装備も付いているので、そういったところに価値を見出して、これこそ買いだと、賢い選択をしているユーザーが多い」と話す。

もうひとつパサートヴァリアントの購入理由について越知さんは、「C、Dセグメントでの本格的なステーションワゴンがなくなってしまい、ほとんどがライフスタイルオリエンテッドなステーションワゴンになってしまったから」という。つまり、積載性や使い勝手を重視した、道具的な意味合いを持つ数少ないステーションワゴンがパサートヴァリアントなのだ。

また、越知さんは「先代のパサートヴァリアントはドイツの空港などにいるタクシーとして見ることも多々ある。スーツケースをがんがん詰めるなど需要があり、本場でも使われている」と積載性や使い勝手が高いことをアピール。

そして、「パサートは真面目な人が真面目な選択をしているというイメージだが、ともすればつまらない、あまり目立たない、存在感がないと感じられることも事実だ。しかし今回はデザインも含めて、少し超越した新たなジャンルとして、『ポロ』や『ゴルフ』だけではない、新たなフォルクスワーゲンだと思ってほしい」と語った。

  • 内田俊一
  • VW パサートヴァリアント R-Line《撮影 内田俊一》
  • VW パサートヴァリアント R-Line《撮影 内田俊一》
  • VW パサートヴァリアント R-Line《撮影 内田俊一》
  • VW パサートヴァリアント R-Line《撮影 内田俊一》
  • VW パサートヴァリアント R-Line《撮影 内田俊一》
  • VW パサートヴァリアント R-Line《撮影 内田俊一》
  • VW パサートヴァリアント R-Line《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ