アウディ、ドイツ部品工場で増産…3シフト制を導入へ

業界 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、アウディは7月22日、ドイツのミュンヒスミュンスター工場における増産計画を発表した。

ミュンヒスミュンスター工場は、アウディのインゴルシュタット工場から30kmの場所に立地。軽量なアルミ構造部品やシャシー部品、プレス加工部品などを生産している。

同工場は2013年末に稼働。2015年上半期(1‐6月)の生産量は、シャシー部品が100万個以上。アルミ構造部品は、3万個を生産した。

同工場では2015年末から、全ての生産現場で3シフト制を導入する計画。2017年までに、年間2600万点の部品を世界に向けて出荷できる増産体制を敷く。

アウディ取締役会のHubert Waltl生産担当取締役は、「ミュンヒスミュンスター工場は、アウディの成長戦略の主要な一部」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ