【事前防災・減災対策推進展15】水と電気を供給できるユニークな自転車…ユアサ商事

業界 レスポンス

機械と住宅の専門商社、ユアサ商事は「事前防災・減災対策推進展15」にユニークな自転車を出展した。それは自転車店のサイクルスポットが製造する「リキシャタンク」と名付けられた自転車で、水と電気が供給できるというものだ。

形が通常の自転車と違い、中央のフレームのところに20cmほどの板が敷いてあり、そこに10リットルのポリタンクが積載できるようになっている。こうすることによって、水の入った重たいポリタンクも安定した走りで運べるわけだ。

また、USBポート付のダイナモを搭載し、さまざまな電気機器を使用できるようにしている。「1時間自転車をこげば、スマートフォンの充電ができます。そして、タイヤも極太で頑丈なものを採用し、悪路でも大丈夫なようになっています」とユアサ商事関係者は話す。

価格は4万3980円で、これから本格的な販売を行っていく予定だ。災害時だけでなく、普段の買い物でも荷物をたくさん積めるので便利かもしれない。

  • 山田清志
  • ユアサ商事が販売する自転車「リキシャタンク」《撮影 山田清志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ