富士重、新型旅客機 ボーイング 777X の開発・製造に参画

業界 レスポンス

富士重工業は7月23日、富士重工業を含む日本の航空機メーカー5社、日本航空機開発協会(JADC)とともに、米国ボーイングの新型旅客機「777X」の開発・製造に参画する契約を正式に結んだ。

ボーイングと日本の航空機メーカー5社、JADCが調印した覚書に対し、契約諸条件を盛り込み契約文書にまとめたもの。

777Xは、大型双発旅客機777シリーズの後継機で、777-8X、777-9Xで構成する。ボーイングによると2017年に生産を開始し、2020年にエアラインへの初号機を納入する予定。

富士重は現行777と同様、中央翼、中央翼・主脚格納部結合、主脚扉、翼胴フェアリング(前部)の開発・製造を担当する。現在、宇都宮製作所(栃木県宇都宮市)と半田工場(愛知県半田市)で生産準備を進めており、半田工場では777X中央翼の組立工場を建設中。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ