【キャデラック Vシリーズ 日本発表】キャデラックレーシング直系のスポーツセダン

新車 レスポンス

キャデラック『ATS』と『CTS』のハイパフォーマンスモデル「Vシリーズ」が、日本市場でも追加発表された。正式なデリバリー開始は来年の第1四半期以降だという。

キャデラックVシリーズは2004年にデビュー。「ハイパフォーマンスモデルに対する市場要求に応え、キャデラックの技術を結集し誕生したスーパースポーツモデルだ」とは、ゼネラルモーターズ・ジャパンマーケティング&カスタマーエクスペリエンスプロダクトマネージャーの中野哲氏の弁。

時期を同じくして、キャデラックレーシングチームを発足させ、北米で開催されている“SCCAピレリワールドチャレンジ”にCTS-Vのレーシングバージョンで参戦を開始した。キャデラックレーシングチームは、これまで27勝、93度の表彰台、23度のポールポジションを獲得し、2005年以降、5度のマニファクチャラーチャンピオンを獲得している。

これまでVシリーズは、2004年にデビューしたCTS-Vに続き、オープンスポーツクーペの『XLR-V』、ミドルサイズセダンの『STS-V』が登場。その後、第2世代のCTS-Vに続き、ATS-Vが、最小、最軽量モデルのセダンとして加わった。全長4700mm、全幅1835mm、全高1415mm、ホイールベースは2775mm、車両重量は1750kgで、新開発の3.6リットル直噴V6ツインターボエンジンを搭載。470馬力、トルクは603Nmを発揮する。

本年3月より、このATS-Vをベースに、キャデラックレーシングチームはピレリワールドチャレンジに『ATS-V.R』で参戦。「ポルシェやフェラーリといった競合が存在する中で、5月に初勝利を飾っている。これはATS-Vのポテンシャルの高さを既にレースで証明されたということだ」と中野氏。

そして、第3世代にあたるCTS-Vは、全長5045mm、全幅が1870mm、全高は1435mm、ホイールベースは2910mm、車両重量は1910kg。最新のスーパーチャージャー付6.2リットル直噴V8OHVエンジンを搭載。中野氏は、「先代モデルと同排気量ながら、最高出力では649馬力で85psプラス、最大トルクは855Nmで108Nmもパワーアップされ、軽量化されたボディと共に異次元の走りを実現している」と説明した。

  • 内田俊一
  • キャデラック ATS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラック ATS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラックCTS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラック ATS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラックCTS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラック ATS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラックCTS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラックATS-V.R
  • キャデラック ATS-V.R
  • キャデラック XLR-V
  • キャデラック STS-V
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ