【キャデラック Vシリーズ 日本発表】打倒ドイツブランド、ライバルはBMW MとAMG

新車 レスポンス

キャデラック『ATS-V』と『CTS-V』の2種類のVシリーズが日本にも投入される。このシリーズは、キャデラックブランドの最高峰に位置付けられるという。

ゼネラルモーターズ・ジャパンマーケティング&カスタマーエクスペリエンスプロダクトマネージャーの中野哲氏は、「これまでVシリーズは商品モデル構成の拡大、ブランドイメージの向上、キャデラックの成長を加速させ、また、より若く、より裕福で、より熱狂的な顧客誘致の面で成功している」と評価。そして、「キャデラックブランドの核心部に存在する情熱の具現化で、GMデザインと技術力の最高峰、キャデラックブランドの最高を意味している」とコメントする。

そして今回発表する新型Vリーズは、「BMW M、メルセデス AMGといった世界トップクラスのラグジュアリーパフォーマンスブランドに挑戦し、打ち破ることで、(そのセグメントでも)キャデラックブランドを確立すること。そして、キャデラック商品ポートフォリオを強化、サポートし、これまで同様より若く、より裕福な顧客を獲得することいった目標を掲げている」と話す。

Vシリーズは、「ラグジュアリーパフォーマンスマーケットの約7割以上を占めるコンパクトとミッドサイズラグジュアリーのパフォーマンスセグメントをターゲットにしている」と中野氏。そして、ターゲットカスタマーは、「現行ATS、CTSのオーナーよりも、5歳程度若く、購買意欲のある洗練された新世代のエンスージアストだ」と述べる。

また、ATS、CTSとも他車よりもデザインを重視して選ばれており、更にVシリーズは、「他にはないパワフルな走りが可能なスーパーパフォーマンスエンジンを搭載し、それに劣らないシャシー、ブレーキを備えることで、これまで同様今回のクルマも徹底的に鍛え上げられ、競合には負けないクルマに仕上がっている」と中野氏は自信を見せる。

CTS-VとATS-Vとでは、大きくボディサイズの違いがあることから、「より軽快に小気味よく走りたい方はATS-Vを。CTS-Vは649馬力もあることから、果てしないパワーを求める方々にうってつけだ」とコメントした。

  • 内田俊一
  • キャデラック ATS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラックCTS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラックCTS-V(左)とATS-V(右)《撮影 内田俊一》
  • キャデラック ATS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラック ATS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラックCTS-V《撮影 内田俊一》
  • キャデラックCTS-V《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ