JDパワー 米国乗用車の魅力度調査、アテンザ が部門別2年連続1位…日本車で唯一

新車 レスポンス

米国の民間調査会社、JDパワー社は7月22日、「2015年米国自動車商品魅力度(APEAL)調査」の結果を明らかにした。乗用車カテゴリーの魅力度ランキングでは、日本車で唯一、マツダ『アテンザ』が部門別の第1位を獲得した。

今年で20回目の調査は、新車購入から90日が経過した時点で、顧客に愛車の魅力について質問。質問項目は、性能、デザイン、装備など。調査は2015年モデルの新車を購入した顧客が対象で、2015年2-5月にアンケート方式で行い、8万4000人以上から回答を得た。

乗用車カテゴリーの各部門ベスト3の結果は、以下の通り。

シティ

1:フィアット『500』

スモール

1:シボレー『ソニック』

2:キア『リオ』

3:フォード『フィエスタ』

スモールプレミアム

1:アウディ『A3』

2:BMW『2シリーズ』

3:メルセデスベンツ『CLA』

コンパクト

1:フォルクスワーゲン『ゴルフ』

2:スバル『WRX』

3:フォルクスワーゲン『ザ・ビートル』

コンパクトスポーティ

1:MINI『クーパー』

コンパクトプレミアム

1:BMW『4シリーズ』

2:メルセデスベンツ『Cクラス』

3:レクサス『RC』

コンパクトプレミアムスポーティ

1:ポルシェ『ケイマン』

2:ポルシェ『ボクスター』

ミッドサイズ

1:マツダ『アテンザ』

2:ヒュンダイ『ソナタ』

2:日産『アルティマ』※同率

ミッドサイズスポーティ

1:ダッジ『チャレンジャー』

2:フォード『マスタング』

ミッドサイズプレミアム

1:BMW『6シリーズ』

2:アウディ『A7』

3:インフィニティ『Q70』(日産『フーガ』)

ミッドサイズプレミアムスポーティ

1:シボレー『コルベット』

2:ポルシェ『911』

ラージ

1:ダッジ『チャージャー』

2:シボレー『インパラ』

3:クライスラー『300』

3:トヨタ『アバロン』※同率

ラージプレミアム

1:メルセデスベンツ『Sクラス』

全13部門中、最多の2部門を制したのが、BMW、シボレー、ダッジの各ブランド。とくに、BMWはコンパクトプレミアム部門の4シリーズ、ミッドサイズプレミアム部門の6シリーズが首位となった。

一方、日本車では唯一、ミッドサイズ部門で、マツダ アテンザ が1位。2年連続で、同部門を制している。

  • 森脇稔
  • マツダ アテンザ 改良新型
  • マツダ アテンザ 改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ