日本車メーカーの世界販売台数、2020年度まで年率3.5%で成長

業界 レスポンス

ナカニシ自動車産業リサーチは7月23日、2020年度に向けた長期的な国内自動車産業の見通しを発表した。

それによると、世界新車需要は2020暦年まで年率3%強で成長し、世界販売台数は2014年比18%増の1億592万台に拡大。日本車メーカー8社合計のグローバル小売台数は、2020年度に向けて年率3.5%で成長すると予測している。

国内乗用車メーカー8社合計の2020年度営業利益率は、2014年度実績の7.9%から、2020年度には8.7%に上昇し、高いレベルのファンダメンタルズを長期に渡って維持できるとみている。

代表兼アナリストの中西孝樹氏は、「長期化が見込まれる米国経済の好調、アジアの経済成長の回復、2010年以降の国内自動車の構造対応の努力の成果、東京五輪開催などの追い風、長期にわたる好ましい為替環境の継続などが奏功し、2020年度を見通した国内自動車産業の収益環境は、過去に例を見ない長期的な安定成長期を迎える」と述べた。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ堤工場(資料画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ