【ボルボ ディーゼル 日本導入】国産ハイブリッドからの乗り換えにも期待

新車 レスポンス

ボルボ・カー・ジャパンから「D4」と呼ばれるディーゼルエンジンを搭載した5モデルが発売された。そのターゲットは既納先以外に日本車、特にハイブリッドユーザーからの乗り換えも期待されている。

同社マーケティング部プロダクトグループマネージャーの青山健氏によると、ターゲット層は、「既納先の中にもディーゼルを望んでいるユーザーが多くいるので、まずそこにアプローチする。そして、新規では国産ハイブリッドユーザーにもディーゼルの魅力を感じてもらえればと考えている」とコメント。

また。同社マーケティング部プロダクトグループプロダクトスペシャリストの岡田勝也さんは、既納先ユーザーについて、「たまたまヨーロッパ出張や観光旅行などで、ボルボの最新のディーゼルに乗る機会があった。あるいは、その良さを伝え聞いて、日本導入を期待していた方たち」と説明。当然ボルボの良さは実感しているので、アプローチのしやすさがあるのだ。

そして、新規の国産ハイブリッドユーザーは、「ディーゼルを認知しており、ボルボにも導入されたことをきっかけに、興味を持たれた方」と述べ。「まだまだ一般のユーザーは、“クリーンディーゼル”についてほとんど知られておらず、体験もしていないので、提案営業や、ディーラーでの試乗体験などが必要だ。それによって、環境、燃費、コスト意識の高い国産ハイブリッドからの乗り換えが期待できる」とし、「保有母数が多いこともその期待につながっている」と述べた。

  • 内田俊一
  • ボルボ ディーゼル 日本導入発表会《撮影 内田俊一》
  • ボルボ ディーゼル 日本導入発表会《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V40クロスカントリーD4SE《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V40クロスカントリーD4SE《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V40クロスカントリーD4SE《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V60D4SE《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V60D4SE《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ