2015年上期の訪日外客数が過去最高…45年ぶりに出国日本人数を上回る

社会 レスポンス

日本政府観光局は、2015年上半期(1-6月)の訪日外客数が、前年同期比46%増の914万人と過去最高になったと発表した。これまでの過去最高だった2014年上半期の626万人と比べて288万人増加した。

上半期の訪日外客数が過去最高を記録した国は、韓国、中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、オーストラリア、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペインの19カ国。

最多は中国で、同116.3%増の217万8600人と倍増した。次いで韓国で同42.6%増の181万9300人、台湾の同28.9%増の179万2600人と続く。

6月単月では、前年同月比51.8%増の160万2000人で、これまで6月として過去最高だった昨年の105万6000人を約54万7000人上回った。

背景には、円安傾向や航空路線の拡大、クルーズ船の大幅な寄港増加、査証免除・要件緩和、昨年10月からの消費税免税制度の拡充などが増加などがある。

一方、出国日本人数は同4.9%減の762万2800人と減少して訪日外客数が出国日本人を45年ぶりに上回った。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ