ミシュラン XOne、藤原興業が採用…産業廃棄物輸送用車両の積載量確保に貢献

業界 レスポンス

日本ミシュランタイヤは、トラック・バス用ワイドシングルタイヤ「ミシュラン XOne」が、藤原興業(愛知県東海市)が新たに導入したリジッドダンプ車両の新車装着タイヤとして採用されたと発表した。

ミシュラン XOneは、トラックの後輪に装着されている2本(ダブルタイヤ)を1本にするというコンセプトで、1車軸当たり約100kgの軽量化を達成。車両の輸送効率向上と環境負荷低減に貢献するトラック・バス用ワイドシングルタイヤで、駆動軸にも使用できるということで注目を集めている。

東海地区を中心に廃プラを主とした産業廃棄物を輸送する藤原興業は、主にダンプ車両を保有し、常に効率的な輸送を追求。地場走行が多い条件下と、燃料費が高止まりする中、輸送効率化を図る上では最大積載量の向上が課題だった。

今回同社は、新たに導入するリジッドダンプ車両の後輪2軸にミシュラン XOne XZY3を採用。深ダンプ(土砂禁ダンプ)形式でありながら、ミシュラン XOneを装着することで従来のダブルタイヤと比較して合計約200kgの軽量化を実現。10t以上の最大積載量を確保した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ミシュラン X One 軽量化のイメージ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ