ヤマト運輸、日本発シンガポール向け「国際クール宅急便」の販売を開始

業界 レスポンス

ヤマト運輸は、香港、台湾向けに続いて8月5日から初の東南アジア向け一貫保冷小口輸送となる日本発シンガポール向け「国際クール宅急便」の販売を開始する。

「国際クール宅急便」は、全国のセールスドライバーによる集荷や宅急便センターへの持ち込みで、荷物1個から発送できる。日本の「クール宅急便」と取り扱いサイズが同じで、日本国内と同様に利用できる。

24時間通関が行える沖縄国際物流ハブを活用して、国際間のスピーディーな輸送によって最短で、発送翌日14時から、シンガポールの中心部にあるシンガポールヤマト運輸の営業所にて荷物を受け取ることができる。また、翌々日の午前中から、シンガポールヤマト運輸のセールスドライバーが各店舗やご自宅へ届ける。

2010年から宅急便事業を開始した現地法人のシンガポールヤマト運輸は、日本と同様に保冷機能を完備した車両を使用、シンガポール国内でクール宅急便を取り扱っている。日本国内からシンガポールまではヤマト運輸が保有する航空保冷コンテナを使用した保冷輸送を行う。日本の事業者からシンガポールの消費者まで、ヤマトグループのネットワークを活用、新鮮な食材を、新鮮なまま配送する。

ヤマト運輸はこれまで、沖縄県、ANAカーゴと連携し、沖縄国際物流ハブを活用した日本の農水産品の輸出拡大に取り組んできた。新サービスのシンガポール向け「国際クール宅急便」も、高品質なスピード輸送で日本の事業者の販売機会を創出するとともに、シンガポールに新鮮な日本食を提供するのを支援する。

  • 編集部
  • 日本からシンガポールまでの配送の流れ出典:ヤマト運輸
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ