【鈴鹿8耐】MuSASHi RT HARC-PRO.「タイムには満足だが、大切なのは明日の決勝」

モータースポーツ レスポンス

7月25日、鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)のTOP10トライアルが行われた。前日の公式予選TOP10のチームがスターティンググリッドをかけて戦う真剣勝負。決勝の前哨戦となるこの戦いを終えたライダーたちのコメントを拾った。

チーム3連覇を狙うには十分の3位というポジションにつけたのは、MuSASHi RT HARC-PRO.。

自分のタイムに満足していないという高橋巧選手は、「このTOP10まで、自分のペースが上がらずにストーナーに頼りっぱなしだったので、明日の決勝レースではストーナーの分まで頑張りたい」と、決勝への熱い意気込みを語る。

TOP10トライアルはもちろん、鈴鹿8耐に初参加のケーシー・ストーナー選手は、「久しぶりのレースだけれど、MotoGPと違う環境ですごくリラックスしている。フリー走行直前にリアブレーキにトラブルが出て、それを直して走り出したけれど、十分に走ることができずにぶっつけ本番のTOP10トライアルとなった」と、まだ万全の状態で走れていないことを明かす。

「初めてのTOP10トライアルだけれど、ライダーにとっても、ファンにとっても、とても魅力的な企画だと思う。今日のタイムには満足しているけれど、いちばん大切なのは明日の決勝。暑い中での長いレースになるけれど、頑張るよ」

  • 佐久間光政
  • 高橋巧(参考画像)《撮影 吉田 知弘》
  • ケーシー・ストーナー(参考画像)
  • No.634MuSASHi RT HARC PRO《撮影 益田和久》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ