【鈴鹿8耐】意外と知らないレギュレーション…夜間走行ではゼッケンも光らせる

モータースポーツ レスポンス

11時30分にスタートした鈴鹿8耐。間もなく7時間が過ぎ、19時30分のゴールを迎えようとしているが、夜間走行があるのがまた鈴鹿8耐の醍醐味。

通常のレーシングマシンならヘッドライトなど装着していないが、鈴鹿8耐では当然義務付けられている。

また、さらに夜間を走るための様々な工夫が凝らされ、レギュレーションで定められていることがいくつかあるので紹介しよう。

まず、ゼッケンの数字部分は、電気で光るものでなければいけない。2013年までは蓄光式も認められたが、昨年(2014年)のレースから電気による自光式のみ認められ、ファンにとってもより観戦しやすくなった。

そして夜間走行を告げるライトオンのボードは、通常であれば日没に合わせて6時45分頃にコントロールタワーやリーダーボードに掲示・表示される。

このサインが出たら、ライダーは自分のマシンを点灯しなくてはならないのだが、過去にはライトがつかずに順位を下げたチームもある。

なお、昨年は雨のために暗く、スタート時にライトオンのボードが出された。

さぁ、今年はどうなる!? 残り1時間を切り、間もなく全車ライトオンだ。

  • 青木タカオ
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015鈴鹿8耐前夜祭の様子《撮影 吉田 知弘》
  • 2015鈴鹿8耐前夜祭の様子《撮影 吉田 知弘》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ