【鈴鹿8耐】ヤマハ、19年ぶり優勝…設立60周年の節目に

モータースポーツ レスポンス

11時30分にスタートした2015“コカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレースは19時30分にチェッカーを迎え、No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM(中須賀克行/ポル・エスパルガロ/ブラッドリー・スミス)が204周で優勝した。

残り1時間を切って、鈴鹿8耐恒例のライトオンボードが掲示。いよいよナイトランに突入する。これまでトップを快走してきた21番ヤマハは残り30分で給油のため最後のピットインを行い、中須賀からスミスに交替。アンカーとして最後のスティントに臨んでいった。

その直後にヘアピン手前でまたしてもアクシデントが発生。なんと残り20分になろうかというところで今回6回目となるセーフティカーが導入。残り10分を切ったところでレースが再開。そのまま順位は変わらずチェッカーフラッグが振られた。

今年設立60周年を迎えたヤマハは今年こそ優勝を勝ち取るためにファクトリーチームを用意。エースの中須賀克行に加え、現役MotoGPライダーのポル・エスパルガロ、ブラッドリー・スミスを起用。最強の布陣と、メーカーが威信をかけて開発してきた新型『YZF-R1』で見事なレース運びをみせた。ヤマハ陣営としては1996年以来19年ぶりの勝利。そして中須賀も悲願の鈴鹿8耐初制覇。エスパルガロとスミスは初挑戦での優勝となった。

2位にはNo.778 F.C.C. TSR Honda(ジョシュ・フック/カイル・スミス/ドミニク・エガーター)が入り、チームとしては2012年以来となる表彰台。3位にはNo.17 TEAM KAGAYAMA(加賀山就臣/芳賀紀行/清成龍一)が入り、3年連続で3位表彰台を獲得した。

  • 吉田 知弘
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ