クライスラー、140万台をリコール…ハッカーに遠隔操作される恐れ

業界 レスポンス

米国の自動車大手、FCA US(旧クライスラーグループ)は7月24日、米国で販売された約140万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

このリコールは、ジープ『チェロキー』がハッカーに乗っ取られ、エアコンやオーディオ、ブレーキなどが遠隔操作できることを、一部メディアが紹介したことを受けての対応。FCA USで調査したところ、車載インフォテインメントシステムのソフトウェアに脆弱性が見つかった。

リコールの対象になるのは、8.4インチのタッチパネルモニターを装着した車両。2014-2015年モデルのチェロキー、『グランドチェロキー』をはじめ、2015年モデルのクライスラー『200』『300』、ダッジ『チャージャー』『チャレンジャー』、2013-2015年モデルのダッジ『バイパー』、2013-2015年モデルのラム各車など。

米国で販売された約140万台が該当。FCA USは対象車を保有する顧客に通知し、販売店でソフトウェアを改修するリコール作業を行う。

なお、FCA USは、「この不具合に起因した事故や負傷者の報告は受けていない」と説明している。

  • 森脇稔
  • ジープ チェロキー
  • ジープ チェロキー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ