米魅力度調査 SUV、フォード が最多の3部門を制す…JDパワー

業界 レスポンス

米国の民間調査会社、JDパワー社は7月22日、「2015年米国自動車商品魅力度(APEAL)調査」の結果を発表した。SUVカテゴリーのランキングでは、フォードが全13部門中、最多の3部門で1位に輝いた。

今年で20回目の調査は、新車購入から90日が経過した時点で、顧客に愛車の魅力について質問。質問項目は、性能、デザイン、装備など。調査は2015年モデルの新車を購入した顧客が対象で、2015年2‐5月にアンケート方式で行い、8万4000人以上から回答を得た。

SUV(ピックアップトラックやミニバンを含む)カテゴリーの各部門ベスト3は、以下の通り。

スモールSUV

1:MINIクロスオーバー

2:フォルクスワーゲン・ティグアン

3:ビュイック・アンコール

スモールプレミアムSUV

1:アウディQ3

2:レンジローバー・イヴォーク

3:メルセデスベンツGLA

コンパクトSUV

1:マツダCX-5

2:GMCテレーン

3:スバル・フォレスター

コンパクトプレミアムSUV

1:ポルシェ・マカン

2:BMW X4

3:アウディQ5

コンパクトMPV

1:フォードC-MAX

2:キア・ソウル

ミッドサイズSUV

1:日産ムラーノ

2:トヨタ・ハイランダー

3:ビュイック・アンクレイブ

ミッドサイズプレミアムSUV

1:ポルシェ・カイエン

2:BMW X5

3:アウディQ7

3:BMW X6 ※同率

ミッドサイズピックアップ

1:シボレー・コロラド

2:GMCキャニオン

ミニバン

1:キア・セドナ

2:ホンダ・オデッセイ

3:トヨタ・シエナ

ラージSUV

1:フォード・エクスペディション

2:シボレー・タホ

3:GMCユーコン

ラージプレミアムSUV

1:インフィニティQX80

2:ランドローバー・レンジローバー

3:リンカーン・ナビゲーター

ラージ・ライトデューティー・ピックアップ

1:フォードF-150

2:ラム1500LD

3:GMCシエラLD

ラージ・ヘビーデューティー・ピックアップ

1:GMCシエラHD

2:シボレー・シルバラードHD

2:フォード・スーパーデューティー ※同率

フォードモーターが全13 部門中、3部門で首位。コンパクトMPV部門のフォード『C-MAX』、ラージSUV部門のフォード『エクスペディション』、ラージ・ライトデューティー・ピックアップ部門のフォード『F-150』となる。

これに次いだのは、ポルシで2部門。コンパクトプレミアムSUV部門で『マカン』、ミッドサイズプレミアムSUV部門で『カイエン』が、第1位を獲得。ブランド別のランキングで首位の貫録を見せる。

この他、日産は、ミッドサイズSUV部門で『ムラーノ』、ラージプレミアムSUV部門で高級車ブランドのインフィニティの『QX80』が第1位に選ばれている。

  • 森脇稔
  • 新型フォード F-150
  • フォード C-MAX 改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ