三菱自動車、北米生産事業の撤退を正式発表

業界 レスポンス

三菱自動車は7月27日、米国生産からの撤退を正式に発表した。

三菱自動車は現在、米国子会社ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・インク(MMNA)で『アウトランダー・スポーツ(日本名:RVR)』の生産・販売を行っているが、2015年11月末をもって生産を終了。今後、同モデルは主力生産拠点である岡崎工場に集約し、日本からの輸出に変更する。

同社の北米生産事業は、1988年にクライスラー社との合弁会社「ダイヤモンド・スター・モーターズ(DSM)」として稼動開始。その後、1991年にクライスラー社が持つDSM株式を全て買い取り三菱自動車の工場として生産を続けてきた。2000年には生産台数が22万2000台を超えたが、その後、クライスラー社向けOEM生産の終了、リーマンショックの影響等が重なり、大きく減少。2014年の生産台数は、6万9000台にとどまっていた。

生産終了に伴いMMNAでは、UAW(全米自動車労働組合)の支援も得ながら、買い手探しを行っていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ