【鈴鹿8耐】「メンタル面でも厳しいレース。表彰台うれしい」…2位 F.C.C. TSR Honda

モータースポーツ レスポンス

今年で38回目を迎えた2015“コカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース。2位に入ったNo.778 F.C.C. TSR Honda(ジョシュ・フック/カイル・スミス/ドミニク・エガーター)のライダーたちのコメントを拾った。

ジョシュ・フック

「過去2回の参戦で、鈴鹿8耐はフィジカルだけでなくメンタル面でも厳しいレースだと思い知らされたので、2位表彰台に上がれて本当にうれしい。TSRのスタッフは徹夜で作業をしてくれたし、チームメイトも最高だった」。

カイル・スミス

「初めて参加した鈴鹿8耐は予想以上にタフなレースだったが、チームメイトのおかげで最高の週末となった。チームメイトはもちろんのこと、TSRにも感謝したい」。

ドミニク・エガーター

「厳しいレースとなったが、今年も表彰台に上がれてとてもうれしい。2週間前のテストから日本に滞在していたが、チームや日本の気候に慣れたのが良かったと思う。鈴鹿8耐は大好きなレース、また戻ってきたいし、またTSRで走りたい」。

  • 佐久間光政
  • No.778 F.C.C. TSR Honda《撮影 益田和久》
  • 2015 鈴鹿8耐《撮影 益田和久》
  • 2位で追いかけるNo.778 F.C.C. TSR Honda《撮影 吉田 知弘》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ