ヤマハ発動機、位置決め制定時間を短縮できるロボットドライバ2機種を発売

業界 レスポンス

ヤマハ発動機は、ロボットドライバ新製品「RDV-X」「RDV-P」を9月から発売すると発表した。

従来機種との互換性を保ちながら、単軸ロボットの位置決め整定時間を、従来機種比約40%短縮した。コンパクト設計によって制御盤内の設置幅が従来機種比約45%の省スペース化した。

「RDV-X」は、サーボモータ単軸ロボットFLIP-Xシリーズ、「RDV-P」はリニアモータ単軸ロボットPHASERシリーズに対応し、それぞれ現行の「RDX」、「RDP」の後継機種となる。ともに従来、広く使用されているパルス列入力方式ロボットドライバ。

販売計画は2機種合計で発売から1年間で1500台。価格は7万5000円から。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ