【トライアル世界選手権 第7戦】ボウ、完全優勝でランキング首位は盤石

モータースポーツ レスポンス

トライアル世界選手権シリーズ第7戦・アメリカGPが7月25日・26日、ステッピングストーンランチで開催され、トニー・ボウ(ホンダ)がパーフェクト勝利。4戦ぶりの勝利を飾った。

決勝1日目、ボウは1ラップ目から強さを発揮。2番手のアダム・ラガ(ガスガス)が21点を減点したのに対し、ボウは9点。この日は持ち時間が厳しく、ボウは合計5点のタイムオーバー減点があったが、ラガにも8点のタイムオーバーがあり、合計でボウが37点、ラガは69点と大きな差をつけての勝利となった。

決勝2日目、1ラップ目は2番手につけるラガの20点に対し、ボウは10点。序盤から、圧倒的な差となった。その差は2ラップ目、3ラップ目と維持され、トータルではラガ50点に対しボウが26点。ダブルスコアに近い差での圧勝となった。

ボウは2日続けて勝利を手にし、世界選手権での勝利数を75とした。あと4戦を残し、ポイントランキングのリードは34点と大きく広げた。

■決勝1日目

1位:トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)

2位:アダム・ラガ(ガスガス)

3位:ホルヘ・カサレス(ベータ)

4位:アルベルト・カベスタニー(シェルコ)

5位:ジェロニ・ファハルド(ベータ)

6位:藤波貴久(モンテッサ・ホンダ)

■決勝2日目

1位:トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)

2位:アダム・ラガ(ガスガス)

3位:ジェロニ・ファハルド(ベータ)

4位:アルベルト・カベスタニー(シェルコ)

5位:藤波貴久(モンテッサ・ホンダ)

6位:ハイメ・ブスト(モンテッサ・ホンダ)

■ポイントスタンディング

1位:トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)271P

2位:アダム・ラガ(ガスガス)237P

3位:ジェロニ・ファハルド(ベータ)194P

4位:アルベルト・カベスタニー(シェルコ)179P

5位:藤波貴久(モンテッサ・ホンダ)166P

6位:ハイメ・ブスト(モンテッサ・ホンダ)138P

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 藤波貴久(モンテッサ・ホンダ)
  • トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)
  • 藤波貴久(モンテッサ・ホンダ)
  • トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)
  • 藤波貴久(モンテッサ・ホンダ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ