国際学生EV超小型モビリティデザインコンテスト、1次審査通過の25チームを発表

エコカー レスポンス

電気自動車普及協会(APEV)は、「国際学生EV超小型モビリティデザインコンテスト2015」の1次審査結果を発表した。

APEVでは、超小型モビリティに関する活動の活性化や、次世代を担う学生にモノ作りの楽しさを体験してもらうことを目的に、2013年に第1回の「国際学生EV超小型モビリティデザインコンテスト」を実施。今年も東京モーターショーでの「SMART MOBILITY CITY 2015」に合わせ、第2回コンテストを開催している。

EV超小型モビリティデザインコンテストでは、国内外の18歳以上の学生を対象に、国土交通省の定める超小型モビリティ規格に適合したEVの車両デザインを募集する。第2回のコンテストには、日本から30校59チーム、海外6か国から14校39チーム、合計44校98チームが参加した。

今回も力作揃いで選考は困難を極めたが、デザイナー奥山清行氏、建築家の安藤忠雄氏ら審査委員による選考が行われ、審査の結果日本から13校17チーム、海外は4か国から4校8チーム、合計17校25チームが1次審査を通過した。

1次審査通過チームの学生たちは、この後9月25日に行われる2次(最終)審査へ向けてさらに作品をブラッシュアップ。最優秀作品には賞金10万円が贈られ、入賞作品は「SMART MOBILITY CITY 2015」にて展示される。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 1次審査通過チーム一覧
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ