クライスラー、84万台をリコール…エアバッグが異常展開の恐れ

業界 レスポンス

米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)は7月25日、エアバッグの不具合により、北米中心におよそ84万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、エアバッグが異常展開する恐れがあるため行われるもの。FCA USによると、側面からの衝突を感知するセンサーが誤作動し、サイドカーテンエアバッグが異常展開する可能性があるという。

なお、FCA USでは、この不具合に起因した可能性のある事例として、2名の負傷者の報告を受けている、としている。

リコールの対象となるのは、2013-2015年モデルのラム『1500』『2500』。米国では66万7406台、カナダでは15万3011台、メキシコでは8272台、NAFTA地域以外では1万4847台。合計で84万3536台が該当する。

FCA USでは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、エアバッグ制御モジュールを改修するリコール作業を行う。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ