トヨタ 世界販売502万台、4年ぶりVWに首位を明け渡す…2015年上半期

業界 レスポンス

トヨタ自動車は7月28日、2015年上半期(1-6月)の世界新車販売の結果を発表。GMとフォルクスワーゲングループの上半期実績も出そろい、トヨタが4年ぶりに首位の座を明け渡したことが分かった。

トヨタの発表によると、ダイハツや日野を含めたグループ全体の2015年上半期の世界新車販売は、502万2000台。上半期としては、2年連続で500万台を突破したものの、前年同期に対して、1.5%の減少。

一方、欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループ(アウディやセアト、シュコダなどを含む)が7月17日に発表した2015年上半期世界新車販売は、前年同期比0.5%減の504万台。

また、米国の自動車最大手、GMが7月23日に発表した2015年上半期世界新車販売は、480万台。

この結果、トヨタはフォルクスワーゲングループに1万8000台の差をつけられ、上半期の世界新車販売としては、4年ぶりに首位の座から陥落している。

  • 森脇稔
  • トヨタ カローラ アクシオ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ