10人が重軽傷、ワゴン車同士の正面衝突で

社会 レスポンス

24日午後5時10分ごろ、北海道小樽市内の国道5号を走行中のワゴン車同士が正面衝突する事故が起きた。この事故で双方の車両が中破し、合わせて10人が重軽傷を負った。警察では車線逸脱が事故の主因とみている。

北海道警・小樽署によると、現場は小樽市桃内1丁目付近で片側1車線の緩やかなカーブ。左カーブを曲がりきれなかったワゴン車が対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた別のワゴン車と正面衝突した。

この事故で双方の車両は中破。一方のクルマを運転していた滋賀県守山市内に在住する47歳の男性と、同乗していた10歳の女児が腹部や頭部も強打する重傷を。7歳の女性が頚部打撲の軽傷。他の2人にケガはなかった。また、もう一方のクルマに同乗していた11歳の男児が頭部強打の重傷を負った。運転していた神奈川県座間市内に在住する66歳の男性を含む6人が打撲などの軽傷を負っている。

事故当時、路面は乾燥していた。警察では速度超過などが事故の一因になったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ