【F1 ハンガリーGP】ホンダ、第3期優勝の地でW入賞…後半戦に弾みをつける

モータースポーツ レスポンス

26日に決勝が行われたF1第10戦ハンガリーGPで、マクラーレン・ホンダは今季初めて2台揃っての入賞を果たした。

予選では両者ともにトラブルが発生し、満足なパフォーマンスを発揮できずフェルナンド・アロンソが15番手、ジェンソン・バトンが16番手からの決勝をスタート。狭いハンガロリンクの1コーナーを切り抜け、2台ともスタートで順位を上げることに成功する。

その後も、ライバルたちのペースに劣ることなく周回。途中、セーフティカーが導入され波乱の展開となったが、大きなトラブルやアクシデントに巻き込まれることなく、チェッカーを目指した。終盤、アロンソ車のブレーキダクトにバイザーフィルムが詰まるアクシデントが発生するが、チームも異常にすぐ気付いて迅速に対応。最後は前回同様に上位陣の脱落に助けられる形となったが、5位に浮上しフィニッシュ。アロンソがトップ5圏内でゴールするのは2014年のシンガポールGP以来となった。

一方のバトンはアロンソほどペースが上がらず苦しい展開となったが、9位でチェッカー。モナコGP以来となる今季2度目のポイント獲得。2人で計12ポイントを稼ぎコンストラクターズランキングは9位のままだが、8位ザウバーとは5ポイント差、7位トロ・ロッソとも14ポイント差で後半戦のレース次第では逆転も十分可能だ。

ここハンガロリンクは、ホンダが第3期F1活動において唯一の勝利を飾った場所。また奇遇にもアロンソ、バトンにとってもF1初優勝を飾った思い出の地。レース後、チームのプレスリリースで2人は揃って「夏休み前にポイントを獲得できたことは非常に良かった。ただ後半戦はさらに前進してチャンスを生かしていく必要がある」とコメント。8月下旬から始まる後半戦、まだまだ簡単に上位に進出できるレースは限られているが、今回のW入賞が後半戦に弾みをつける一戦になったかたちだ。

  • 吉田 知弘
  • ハンガリーGPでW入賞を果たしたマクラーレン・ホンダ《画像 Getty Images》
  • ハンガリーGPでW入賞を果たしたマクラーレン・ホンダ《画像 Getty Images》
  • ジェンソン・バトン《画像 Getty Images》
  • フェルナンド・アロンソ《画像 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ