【ヤマハ イービーノ 発表】デザインやカラーと同様にパワーソースも選べるように…電動バイク

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機が8月20日に発売する電動バイク『E-Vino(イービーノ)』は、原付スクーター『ビーノ』をベースに開発したのが特徴で、ビーノの電動仕様モデルという位置づけとなっている。

電動バイクを手がけるSPV事業部の砂川光義事業部長は7月29日に都内で開いた発表会で「お客様が好みに合わせてデザインやカラーを選ばれるように、ガソリンか電気かというパワーソースについてもライフスタイルや使用シーン合わせて、最もふさわしい選択をして頂けるよう、商品バリエーションを増やしたいと考えた」と明かす。

さらに「ヤマハはガソリン車、電動車それぞれのメリットを生かした製品づくりで、お客様の選択肢を増やし、二輪車全体での顧客拡大を目指す」とした上で、「イービーノの車体がガソリン車として長年、幅広く評価を頂いているビーノである理由もここにある」と強調した。

イービーノの車両本体価格は21万9000円。国のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象モデルとなっており、最大で2万円の補助金が交付されるとベース車との価格差は1万円まで縮まる。このためSPV事業部では、数年間の使用でトータルコストがベース車よりも安くなると試算しているという。

  • 小松哲也
  • ヤマハ発動機 イービーノ 発表会《撮影 小松哲也》
  • ヤマハ発動機 イービーノ 発表会《撮影 小松哲也》
  • ヤマハ発動機 イービーノ 発表会《撮影 小松哲也》
  • ヤマハ発動機 イービーノ 発表会《撮影 小松哲也》
  • ヤマハ発動機 砂川光義 SPV事業部長《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ