【ヤマハ イービーノ 発表】「ブースト」機能を搭載、電池残量を細かく表示し安心感に

モーターサイクル レスポンス

ヤマハが29日に発表した電動コミューター『E-Vino(イービーノ)』は、レトロポップなスタイルで人気の原付1種スクーター『Vino』をベースに電動化。製造はヤマハモーター台湾でおこなう。

動力源は3相ブラシレスDCモーターで、バッテリーは50Vの高エネルギー密度・リチウムイオンタイプ。カタログ公表値での満充電での走行距離は29km(30km/h定地)となっている。

シート下は約10リットル、縦長の収納スペースがあり、記者発表会では「フランスパンだって入る」と強調されたが、ヘルメットは入らない。

バッテリーは着脱式で、家庭用100V電源から充電可能。充電時間は約3時間。専用のオプションパーツがあれば予備バッテリーも収納できる。

注目は登坂発進などで役立つ「ブースト」機能を装備したことだ。モーターの駆動力を「標準」「パワー」にモード切り替えができるが、さらに登り坂などで一時的により登坂性を求めるときに役立つ「ブースト」機能が加わっている。右ハンドルスイッチのボタンを押すと30秒間作動し、急坂での発進などに対応する。

メーターの液晶画面では、速度やバッテリー残量、モード、オド/トリップが確認できるほか、バッテリー残量をゲージと1%単位の数値で合わせて表示。

数値で表示することのメリットは、言うまでもなく細かく残量が分かること。このメリットは心理的にじつに大きく、たとえば5段階の目盛り表示だけなら、たいていのライダーは残り2目盛りのところで「そろそろ充電しなければ」と不安を感じるが、じつは40%程度も残っている。細かく正確に残量を表示することで、バッテリーをフルに活用できるのだ。

そしてイチバンのセールスポイントは、車両両重量を68kg と一般的なスクーターより軽いこと。ゆったりしたライディングポジションや広々としたフットボード、クッション性の良いサスペンションなどは現行の『Vino』と同じ仕様のままでありながら、『ビーノ デラックス』の80kgとくらべると12kgも軽い。

ボディには「e」マークを右レッグシールドにアシンメトリーで配置し、サイドカバーにも「e」マークをあしらった。

価格は23万6520円。クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(補正分)の適用によって、2万円の還付があるのが魅力だ。

  • 青木タカオ
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)《撮影 青木タカオ》
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)《撮影 青木タカオ》
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)《撮影 青木タカオ》
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)《撮影 青木タカオ》
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)《撮影 青木タカオ》
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)《撮影 青木タカオ》
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)《撮影 青木タカオ》
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)《撮影 青木タカオ》
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)《撮影 青木タカオ》
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)《撮影 青木タカオ》
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)《撮影 青木タカオ》
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)《撮影 青木タカオ》
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)《撮影 青木タカオ》
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)《撮影 青木タカオ》
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)《撮影 青木タカオ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ