マツダ 毛籠常務「大幅減少と見るのは時期尚早」…中国市場

業界 レスポンス

マツダのグローバルな営業担当である毛籠勝弘常務執行役員は7月30日に都内で開いた決算発表の席上、需要が鈍化している中国市場について「現時点で大幅に減少すると見るのは時期尚早」と述べた。

毛籠常務は足元の中国市場について「株価の落ち込みで消費者心理が冷え込み、6月には商用車だけでなく乗用車も前年割れとなった。価格の高い車が影響を受け始めている」と、指摘した。

ただし、マツダの販売は好調で今年度の第1四半期は前年同期比31%増の5万7000台と、同期では過去最高となった。毛籠常務は「当社はまだ減速という状況ではない」とする一方で、「株価などがどの程度で推移するか見極めていきたい」と、慎重な構えで臨む意向を示した。

  • 池原照雄
  • マツダ CX-3
  • マツダ デミオ《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ