レクサス CT200h、米国で2016年型…グリル&バンパー意匠変更

新車 レスポンス

レクサスは7月24日、2016年モデルの『CT200h』を米国で発表した。

レクサスCT200hは、2010年春に発表。デビューから3年半を経た2013年秋、初の大がかりな改良を実施した。ハイライトは、新型『GS』から導入が開始されたレクサスの新アイデンティティ、スピンドルグリルの採用。スピンドルグリルを得た改良新型CT200hは、従来よりも表情を明確にしている。

今回、米国で発表された2016年モデルは、小規模な改良を受けた。フロントグリルは、形状そのものに変わりはないが、「Fスポーツ」はクロームの縁取りを強調したものに。さらにバンパー下部の形状を変更し、空力性能を改善している。またオプションで、新しい電動サンルーフが用意される。

2016年モデルでは、車載コネクティビティを強化。レクサス「Enform」には、「リモート」と「サービスコネクト」の2種類を設定。顧客の安心を、いっそう追求している。

ハイブリッドパワートレインに変更はない。1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジンにモーターの組み合わせ。米国EPA(環境保護局)市街地モード予想燃費は、18.3km/リットルを実現している。

  • 森脇稔
  • レクサス CT200h の2016年モデル
  • レクサス CT200h の2016年モデル
  • レクサス CT200h の2016年モデル
  • レクサス CT200h の2016年モデル
  • レクサス CT200h の2016年モデル
  • レクサス CT200h の2016年モデル
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ