コンチネンタル、米国バージニア工場に投資…生産能力向上へ

業界 レスポンス

タイヤをはじめ、世界有数の自動車部品サプライヤーとして知られるドイツのコンチネンタルは7月28日、米国バージニア工場に投資し、同工場を拡張すると発表した。

コンチネンタルの米国バージニア工場は、カルペッパー郡に立地。投資額は公表されていないが、今後3年間に投資を行い、生産能力を引き上げる。

バージニア工場では現在、自動車用のスタビリティ・コントロール・システムなど生産。工場の設備を改修し、次世代のスタビリティ・コントロール・システムの生産に備える。

また、同工場では2012年から、ブレーキおよびサスペンション部品も生産中。2012年以降のバルブブロックの累計生産は、500万個を超えている。

コンチネンタル・ノースアメリカのジェフ・クレイ社長は、「今後も先進技術に特化し、北米における生産能力を高めていく」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ