【ハーレー フォーティーエイト 試乗】ストリートで熱い視線を受けるカスタム…青木タカオ

モーターサイクル レスポンス

ハーレーというとドッシリと重厚感のあるモデルを連想しがちだが、気軽に街でも乗れる軽快なモデルも数多く存在する。なかでもイチバン人気が『XL1200X フォーティーエイト』だ。

ご覧のとおり車体がスリム。低重心でシート高が低いから、地面に両足がベッタリ届き、取り回しに不安がない。

装備内容もカスタムテイストに満ちあふれている。アンダーマウントされたミラーや小振りな燃料タンク、ファットタイヤなど個性的なものばかり。1人乗り専用のソロシートをあえて備えて、車体全体を黒を基調としたダークカラーで統一しているのもカスタムトレンドを意識したもので、アメリカを走っていてもどちらかといえばヤング層に注目を浴びる。

肝心な走りはどうか。本場アメリカ・フロリダ半島を一周、約1600kmのツーリングに出たが、さすがに1200ccものビッグエンジンを搭載するだけあって、余裕のクルージングとでも言おうかパワー不足を感じることはない。

Vツインの鼓動に揺られながらのゆったりとした乗り心地で、飛ばさなくても乗っているだけでなぜか楽しい。

風を全身に受け止めるこのフィーリングは、日本で走ってもワイルドさ満点。ストリートで熱い視線を受けること間違いなし。普段は街乗り、週末はツーリングと、幅広い用途で活躍してくれそうだ。

■5つ星評価

パワーソース:★★★★

フットワーク:★★★★

コンフォート:★★★

足着き:★★★★★

オススメ度:★★★★★

青木タカオ|モーターサイクルジャーナリスト

バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。国内外のモーターサイクルカルチャーに精通しており、取材経験はアメリカやヨーロッパはもちろん、アフリカや東南アジアにまで及ぶ。自らのMXレース活動や豊富な海外ツーリングで得たノウハウをもとに、独自の視点でオートバイを解説している。現在多くのバイク専門誌、一般誌、WEB媒体で活動中。

  • 青木タカオ
  • ハーレーダビッドソン XL1200X フォーティーエイト(北米仕様およびカスタムが施されているため、日本仕様と若干異なる)画像:ハーレーダビッドソンジャパン提供
  • ハーレーダビッドソン XL1200X フォーティーエイト(北米仕様およびカスタムが施されているため、日本仕様と若干異なる)画像:ハーレーダビッドソンジャパン提供
  • ハーレーダビッドソン XL1200X フォーティーエイト(北米仕様およびカスタムが施されているため、日本仕様と若干異なる)画像:ハーレーダビッドソンジャパン提供
  • ハーレーダビッドソン XL1200X フォーティーエイト(北米仕様およびカスタムが施されているため、日本仕様と若干異なる)画像:ハーレーダビッドソンジャパン提供
  • ハーレーダビッドソン XL1200X フォーティーエイト(北米仕様およびカスタムが施されているため、日本仕様と若干異なる)画像:ハーレーダビッドソンジャパン提供
  • ハーレーダビッドソン XL1200X フォーティーエイト(北米仕様およびカスタムが施されているため、日本仕様と若干異なる)画像:ハーレーダビッドソンジャパン提供
  • ハーレーダビッドソン XL1200X フォーティーエイト(北米仕様およびカスタムが施されているため、日本仕様と若干異なる)画像:ハーレーダビッドソンジャパン提供
  • ハーレーダビッドソン XL1200X フォーティーエイト(北米仕様およびカスタムが施されているため、日本仕様と若干異なる)画像:ハーレーダビッドソンジャパン提供
  • ハーレーダビッドソン XL1200X フォーティーエイト(北米仕様およびカスタムが施されているため、日本仕様と若干異なる)画像:ハーレーダビッドソンジャパン提供
  • ハーレーダビッドソン XL1200X フォーティーエイト(北米仕様およびカスタムが施されているため、日本仕様と若干異なる)画像:ハーレーダビッドソンジャパン提供
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ