【ワークスカー イッキ乗り】ニスモらしい味付けの エルグランド、ノート にはデータロガー機能も…NISMO

新車 レスポンス

メーカー直系のワークスチューナーたちが、自慢のコンプリートカーを一堂に集めた試乗会を開催。ニスモは『エルグランド』、『ノート』、『GT-R』の3台のワークスチューニングマシンを試乗会に参加させた。今回はその中から、NISMOパーツを装着したエルグランドとノートを紹介する。

現在、『ジューク』、『マーチ』、ノート、『フェアレディZ』、GT-Rのニスモグレードは、日産自動車本体が中心になって開発が進められ、カタログモデルがラインアップされている。そのほかの車種についてはニスモがパーツが開発しコンプリートカーのようにできるパフォーマンスパッケージというパッケージオプションを設定。また、スポーツドライビングを楽しみたいユーザー向けのパーツ展開も従来どおり行っている。

「エルグランド NISMOパフォーマンスパッケージ」はエアロパーツ、アルミホイール、マフラー、サスペションを変更したうえで、スポーツリセッティングと言われるチューニングECUが組み合わされているパッケージオプション。

これらすべてのパーツを選んだ場合はAキットとなり価格は77万5000円。(18インチホイールの場合で、スポーツリセッティング以外の取り付け工賃は含まず)上記のスポーツリセッティングを除いたパーツの価格は64万5000円。(18インチホイールの場合で、取り付け工賃は含まず)

試乗車は引き締まった感触の足まわりで、とくにステアリングの中立付近がピシッしている。ニスモらしいハンドリングモデルで、走って楽しいセッティングに仕上げられている。

ノート NISMO S ニスモパーツ装着車は、カタログモデルの『ノート NISMO S』にさらにスポーツパーツを追加したモデル。ベース車は17インチホイールやエキゾーストシステム、サスペションなどが組み込まれたモデルで224万4240円の車両本体価格。これにLSDなどが組み込まれ、255万2040円となっているのが試乗車。

クイックシフトが装着されたミッションは、キビキビとシフトが決まり気持ちいい。エンジンはスポーツリセッティングによりチューニングされているほか、試作品の軽量フライホイールが装着されているため、ピックアップがよく気持ちよくエンジンが回る。

最大の特徴とも言えるのが“データトランスミッターキット”。日産自動車が『GT-R NISMO』と同時に開発したスマートフォン用アプリケーションを、ほかのニスモ車でも使えるように開発された専用のデータ転送キットで、速度や加減速Gなどクルマからの情報はもちろん、GPS機能によりサーキット走行時のライン取りやアクセル開度、ブレーキ踏力などを取り出すデータロガーとしても使用可能できる。

  • 諸星陽一
  • エルグランド NISMOパフォーマンスパッケージ装着車両《撮影 諸星陽一》
  • エルグランド NISMOパフォーマンスパッケージ装着車両《撮影 諸星陽一》
  • ノート NISMO S ニスモパーツ装着車《撮影 諸星陽一》
  • ノート NISMO S ニスモパーツ装着車《撮影 諸星陽一》
  • ノート NISMO S ニスモパーツ装着車《撮影 諸星陽一》
  • ノート NISMO S ニスモパーツ装着車《撮影 諸星陽一》
  • ノート NISMO S ニスモパーツ装着車《撮影 諸星陽一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ