どうする!? 運転中に津波被害、車内浸水…擬似ドライブ体験 そら博 8月1・2日

業界 レスポンス

ドライブ中、高さ1mの津波が目前に迫り、クルマが一気に冠水、エンジンが止まり流されていく……。そんな“没入危機”を直感的に体感できる津波体験ドライビングシミュレーターが、千葉・幕張での「そら博」(8月1・2日、入場無料)で公開された。

この津波体験ドライビングシミュレーター(津波・冠水バーチャルリアリティシステム)は、愛知工科大学工学部板宮研究室が出展。会場では、ゴーグル型のVRヘッドマウントディスプレイと運転席空間、モニターが設置され、CGで再現された津波に遭遇したときの状況を疑似体験できる。

来場者は、ヘッドマウントディスプレイを顔面に取り付け、運転中に高さ1mの津波に遭遇する場面からスタート。モニターは、体験者の頭の動きに連動してその“視点”が動く。水中にクルマが突っ込み、車内に水が浸入し、ハンドル操作ができなくなる状況を体感した。

「うわっハンドルが効かない」と叫ぶ小学生の体験者は、スタッフに「こういうとき、どうすればいいの?」とゴーグルを外しながら質問していた。

同研究室では、こうしたVRシステムの拡張として、「本学のITS研究所と連携し、大型ドライビングシミュレータによる『自動車運転時の災害状況シミュレーション』なども開発を進める」という。

  • 大野雅人
  • 愛知工科大学による津波体験ドライビングシミュレーター(8月1・2日、千葉・幕張「そら博」にて)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 愛知工科大学による津波体験ドライビングシミュレーター(8月1・2日、千葉・幕張「そら博」にて)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 愛知工科大学による津波体験ドライビングシミュレーター(8月1・2日、千葉・幕張「そら博」にて)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 愛知工科大学による津波体験ドライビングシミュレーター(8月1・2日、千葉・幕張「そら博」にて)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 愛知工科大学による津波体験ドライビングシミュレーター(8月1・2日、千葉・幕張「そら博」にて)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 愛知工科大学による津波体験ドライビングシミュレーター(8月1・2日、千葉・幕張「そら博」にて)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 愛知工科大学による津波体験ドライビングシミュレーター(8月1・2日、千葉・幕張「そら博」にて)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ