【ワークスカー イッキ乗り】スポーティさと快適性を両立の ステップワゴン、レジェンドはSH-AWDを生かすセッティング…無限

新車 レスポンス

エムテックが展開する「無限」のブランド。今回のワークスチューニンググループ試乗会には、『S660』、『ステップワゴン』、『レジェンド』の3台が持ち込まれた。今回はその中からステップワゴンとレジェンドを紹介する。

「MUGEN ステップワゴン スパーダ」は、スパーダのみに開発を絞ったエアロパーツ(前後アンダースポイラー、サイドガーニッシュ、ダーククロームメッキ仕上げのグリル)を装備。このエアロにアルミホイール(MDW)がセットされたパッケージが37万5192円となる。

試乗車にはさらに17万640円のスポーツサスペンション、ブレーキパッド(フロント:1万9440円、リヤ:1万4040円)やスポーツサイレンサー(13万5000円)などが装備されていた。このサイレンサーは、エキゾーストフィニッシャー部分に遮熱板が用意され、子供があやまって熱い部分に触れたりしない工夫がしてあり、さすがメーカー系と感じさせる部分でもあった。

アイデアものと感じさせてくれたのがスポーツラゲッジマット(2万4840円)と呼ばれている、サードシート後部用のマット。フラットに装着できるようになっていほか、サードシート使用時には3つに折りたたんでラゲッジスペースに収まるようになっている。

走りのフィーリングは長い間しっかりとステップワゴンをみてきた無限だなと感じさせるもの。スポーティな動きはするものの、ミニバンとしてのコンフォート性はしっかりと確保している。チョイスされているタイヤがダンロップのル・マンLM704というコンフォート系の低燃費タイヤ。内側に特殊吸音スポンジという吸音材を貼り付けて静粛性を向上しているタイヤで、その効果もしっかりと感じられる静かな仕上がりとなっている。

最後に乗ったのはレジェンド。ホンダのフラッグシップサルーンらしく、エアロも控え目な設定。フロントはドライカーボンのアンダースポイラー(21万6000円)、リヤは同じくドライカーボン製のトランクリッドスポイラー(16万2000円)が装備されていた。ホイールは20インチのMFL(16万2000円/本)で、振幅感応型のスポーツダンパー(30万2400円)を履く。

チョイスされているタイヤはアドバンスポーツでサイズは245/35ZR20。標準タイヤが245/40R19なので、サイズアップ感はさほどない。もともと圧倒的なトルク感とSH-AWDによる機敏なハンドリングを持つレジェンドの特性を生かしたセッティング。トップサルーンらしい乗り心地も失われていなかった。

  • 諸星陽一
  • ホンダ レジェンド 無限パーツ装着車《撮影 諸星陽一》
  • ホンダ レジェンド 無限パーツ装着車《撮影 諸星陽一》
  • MUGEN ステップワゴン スパーダ《撮影 諸星陽一》
  • MUGEN ステップワゴン スパーダ《撮影 諸星陽一》
  • MUGEN ステップワゴン スパーダ《撮影 諸星陽一》
  • MUGEN ステップワゴン スパーダ《撮影 諸星陽一》
  • MUGEN ステップワゴン スパーダ《撮影 諸星陽一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ