ホンダ八郷社長「電動化のキーはプラグインHV」

業界 レスポンス

ホンダの八郷隆弘社長は8月3日、メディア各社の共同インタビューに応じ、パワートレインの電動化について「近未来的にはプラグインハイブリッド車(PHEV)がキーになる」との認識を示した。

自動車のパワートレインは、環境やエネルギー対策のための電動化が不可欠になっており、将来は水素を利用する燃料電池車(FCV)が主流のひとつと見られている。八郷社長は「現在の技術であるハイブリッド車(HV)からFCVに至る過程では、グローバル(マーケット)の中でPHEVが方向性をもつ」とし、「この技術をしっかり確立していきたい」と語った。

ホンダはすでに『アコード』にPHEVモデルを設定しているが、今後は車種展開も進める考えを示唆した。電気自動車(EV)については「まだ当面はコミューター的な限られた用途」と指摘した。

一方、電動化技術での他社との技術協力については「クルマ全体の技術は自社で全方位でやっていくが、コンポーネントや要素技術については、一緒にできる場合があれば検討する」と述べた。ホンダはFCVの開発では米GM(ゼネラルモーターズ)と提携している。また、2015年度中のFCVの発売については「最終段階の詰めを行っているが、予定通り投入できる」と述べた。

  • 池原照雄
  • ホンダ アコード プラグインハイブリッド《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ