VWジャパンの庄司社長、「本人の意向」で退任…JAIA理事長後任は未定

業界 レスポンス

フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンは、7月31日付で庄司茂社長が退任する人事を決定したと発表した。

庄司氏は、伊藤忠商事出身で、2012年6月に独フォルクスワーゲンに入社し、同年8月にVWグループジャパンの社長・最高経営責任者に就任。国内で一般に浸透している「ワーゲン」の呼び名を使用して「ゴキゲン・ワーゲン」と銘打った広告・宣伝活動を展開するなど、独自の戦略を進めてきた。

しかし、国内販売が伸び悩み、2015年上半期(1-6月)の輸入車販売ではメルセデスベンツに16年ぶりににシェアトップの座を奪われた。

同社では、庄司氏本人の意向により、退任すると説明している。

後任には、同社のスヴェン・シュタイン副社長が当面、職務を引き継ぐ。シュタイン氏は2010年1月に同社の副社長に就任し、財務・管理担当役員となっている。

また、庄司氏は日本自動車輸入組合(JAIA)の理事長だったが、こちらも退任する見通しで、後任選びを本格化している模様。

  • 編集部
  • 7月31日付けで社長退任を発表したフォルクスワーゲン グループ ジャパン庄司茂氏(資料画像)《撮影 長谷川朗》
  • フォルクスワーゲングループジャパン 庄司茂 社長《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ