スズキ長尾常務「国内軽市場の回復は見通せない」

業界 レスポンス

スズキの長尾正彦常務役員は8月3日に都内で開いた決算発表の席上、低迷が続く国内軽自動車市場について、現時点では「増税影響が厳しく、今後の回復は見通せない状況」と、悲観的な見方を示した。

長尾常務は7月の軽自動車新車販売が4月から連続となる2ケタ減になったことを受け「4-6月期と傾向は変わっていない」と評価。背景には「今年度から1.5倍に引き上げられた軽自動車税の増税がある」と指摘した。

今回の保有課税の増税は軽自動車のみのため「軽のお客様の痛税感が高まっている」と見ている。もっともスズキとしては6月に新型『アルトラパン』を投入するなど、商品力の強化を進めている。さらに強化に努め、「これから巻き返していきたい」と、市場活性化への構えを強調した。

  • 池原照雄
  • スズキの長尾正彦常務役員《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ