戦車モチーフの新型SUV…印マヒンドラ、車名を発表

新車 レスポンス

インドの自動車メーカー、マヒンドラ&マヒンドラ社(以下、マヒンドラ)は7月30日、開発中の新型SUVの車名を、『TUV300』と発表した。

TUV300は従来、コードネーム「U301」と呼ばれていたモデル。車名の「T」にはタフの意味を込め、タフなSUVであることを示している。

TUV300のデザインモチーフは、戦車。マヒンドラによると、高めのショルダーやフロントノーズ、平らなルーフ、引き上げられた最低地上高、直線基調のボンネットなどが、象徴的なSUVのシルエットを表現しているという。

また、車台には、マヒンドラが新開発したSUVプラットホームを使用。車両の設計と開発は、自社のチームで行った。パワートレインは、先進の「mHawK」を搭載する。

なお、現時点では、TUV300のイメージスケッチが公開されているのみ。発売は9月を予定する。マヒンドラの自動車部門のCEO、Pravin Shah氏は、「TUV300は、マヒンドラのRISE理念の、まさに縮図」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • マヒンドラ&マヒンドラ《写真 Getty Images》
  • マヒンドラのSUV・XUV500(参考画像)《撮影 太宰吉崇》
  • マヒンドラのSUV、スコーピオ スペシャルエディション(参考画像)《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ