オン・セミコンダクター、次世代イメージ・コプロセッサーを発表…1080p HDR車載カメラを実現

業界 レスポンス

オン・セミコンダクターは、ハイダイナミックレンジ(HDR)1080p車載カメラシステムを実現するイメージ・コプロセッサ・シリーズの新製品「AP020x」を発売する。

AP020xコプロセッサ・シリーズは、同社の高性能2メガピクセル(MP)と1.2MPイメージセンサーデバイスと組み合わせて機能するよう設計。包括的な車載用リアビューおよびサラウンドビュー・カメラ・ソリューションを提供する。

新イメージ・コプロセッサは、適応型ローカル・トーン・マッピング(ALTM)を備えた高度なHDRカラーパイプラインを組み込み、AP0200、AP0201、およびAP0202は最大2MP 1080pイメージセンサー、AP0102ATは最大1.2MP 720pイメージセンサーをサポート。すべてのコプロセッサは、ASIL AおよびBの機能安全への対応をサポートしている。

フレームレートはまた、1080pで30フレーム/秒(fps)、960pで45fps、720pで60fpsをサポート。さらに、イーサネットまたはパラレル出力インターフェースをサポートし、I2C、SPI(シリアルペリフェラルインターフェース)、汎用入出力(GPIO)を組み込んでいる。動作温度は−40度〜+105度(周囲温度)で、AEC-Q100の完全な認証を取得している。

AP0200AT、AP0201AT、AP0202AT、およびAP0102ATはVFBGA-100パッケージとして、AR0230ATはIBGA-80パッケージとして、現在サンプル出荷中。量産は2015年第3四半期の予定。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ